白露 2022

今日から白露になります。
夜間の空気が冷え込み、翌朝に朝露がキラキラと植物に宿っているのが、見られ始める頃です。

立秋に入っても暑かった日が続いていましたが、処暑を過ぎた頃から、朝晩が過ごしやすくなってきました。秋虫の音も徐々に聞かれ、秋になったことを実感できるようになりました。

9月は実りの季節ですが、台風が多く発生する季節でもあります。
夏の時期に、異常気象による甚大な被害を既に受けているので、2022年の秋の収穫は、どうなってしまうのでしょうか。

また、世界的には水不足が続き、大変なことになっています。
雨が降っても降らなくても、厳しいとは、皮肉な事です。

自然相手のことですので致し方ありませんが、無情の雨ではなく、ぜひ慈悲ある雨となって欲しいものです。

前の記事

処暑 2022