啓蟄

今日は二十四節気のうちの啓蟄(けいちつ)です。
土の中で冬ごもりしていた生き物たちが目覚める頃。
期間は、3月6日から3月20日の15日間。

暖かくなってきたとはいえ、暑さ寒さも彼岸までというように、春分まではまだまだ気が抜けません。

春は、陽気が盛んになり、「肝(かん)の気」が高ぶりやすくなるため、肝の負担が大きくなります。
食材は、酸味と甘味のあるものをバランスよく採るようにしましょう。
今夜はゆず茶で、ほっと、ひと息。

コメントを残す

前の記事

オスマン帝国外伝

次の記事

訪問看護