金木犀

通勤の行き帰りに、何処からか、キンモクセイの花の香りが漂ってきて、忙しない日常に、ひと時の安らぎを与えてくれます。

今が見頃ですが、花の印象よりも香りのインパクトの方が強烈で、これまで染み染みと鑑賞した事が無かったため、写真を撮ってみました。

オレンジ色の小さな花が寄り添うように咲いています。可愛らしいですよね。

原産は中国で、雌雄異株の常緑小高木(5~6m)ですが、江戸時代に雄株のみ日本に入ってきたため、花が咲いても種ができず、挿し木で増やすそうです。
開花時期は、9月中旬から10月下旬。

ちなみに、花言葉は、「謙虚・謙遜」、「気高い人」、「真実」だそうです。
香りはアピール力抜群ですが、小さい花びらのイメージから、この花言葉になったのでしょうか。

特に夜間は強く香るそうなので、秋冷に漂う金木犀の香りに触れる夜の散歩、なども素敵ですね。

コメントを残す

前の記事

十五夜

次の記事

ハロウィン デビュー