2021 Xmas

なぜか2020年の7月から、玄関先のディスプレイをうず巻に代わって担当することになり、12月で6回目になりました。

うず巻の場合は、材料を購入して作り上げるやり方ですが、私は手先が器用ではないので、ほぼ100円ショップで購入できる既製品を使ってのディスプレイです。
そのような訳で、アイデアは、100円ショップをフラフラしながら考えます。

10月のハロウィンディスプレイが、介護スタッフの皆さんに好評だったため、なぜかハードルが上がってしまい、12月は、どうしたものかと考えあぐねていましたが、何とか仕上げることができました。
テーマは、森のクリスマスです。森で繰り広げられるクリスマスをイメージしました。
少しでもクリスマスの雰囲気を味わって頂けるように、森の入口に、メロディー付クリスマスカードを置いて、介護スタッフの方々がいらした時に鳴らします。効果があったようで、みなさん楽しんでくださいました。

このような思考作業も単調になりがちな介護生活に、小さな変化をもたらしてくれるので、生活にメリハリができます。

介護に真摯に向き合うことは大事ですが、プライベートを見失わないようにすることも必要です。小さな事からでもよいので、自分の時間をつくってみましょう。

2020年は、母の入院などがあったりと、Xmasどころではありませんでしたが、2021年は家族揃って迎えることがでまきました。みなさんは、どんなXmasを過ごされましたか?

前の記事

冬至

次の記事

小寒