大寒

小寒(1月5日~1月19日)を過ぎてから、今年はかなり寒いなぁと、感じていますが、今日から冬の締めくくりになる大寒( 1月20日~2月3日 ) に入ります。
冬の中で寒さが一番厳しい期間になります。

温暖化に起因する昨今の気象の変化は、今までの常識が通用しないくらいになっていますので、急な天候変化にも対応できるように、常に体調は整えておきたいですよね。

そのためには、暑さ・寒さに負けない体が必要です。
まずは、日々の食事や運動で、気温の変化に負けない体作りをしましょう。

この時期は、上手に食材の栄養分が摂れる鍋やスープなどがオススメです。
血行を促進し、体を暖める効果がある食材*1を積極的に摂る事で、寒さの厳しい冬を元気に乗り越えましょう。

*1:漢方では食材の性質を5つに分類した、「五味(酸・甘・辛・苦・鹹)」というものがあります。
「辛」に属する食材は、気の巡りをよくして、血行を促進し、体温を上げる作用があります。
代表的なものに、生姜、ニラ、ねぎ、春菊、胡椒、にんにく、シソ、唐辛子、酒粕などがあり、これらの食材を上手に取り入れることで、2022年の寒さ対策をしましょう。

前の記事

小寒

次の記事

立春