立春

この冬は、小春日和のない、結構寒いシーズンでしたね。
何十年に一度の大寒波だったそうです。
しかし、そんな日々も今日で終わりです。24節気の暦では、今日から立春です。
まだ、何日か寒の戻りがあるかもしれませんが、少しずつ春めいてきますので、春の便りが届くのが楽しみですね。

漢方では、春の季節(2月3日~4月20日)を「発陳」と言います。
冬の間、体の内側に溜まっていたエネルギーが、新しい季節に変わることで外へと発散されます。
なぜか春はウキウキするのは、そのせいかもしれませんね。
ただし、この季節は、寒暖差や新しい生活のスタートなどにより、環境の変化が大きいため、体調を崩しやすくなりますので、無理をせず、適度な運動ときちんとした食事を心がけて、のんびりと過ごすことが大事です。春になったからといって、急に活発に行動するのは、注意しましょう。

相変わらず世間は、コロナ一色ですが、せっかく気持ちのよい季節になりましたので、気分転換に何か新しいことを始めてもよいですね。

特にやりたい事がない場合は、散歩や日光浴などいかがでしょう?
密になる外出は避けたいですが、たまには、のんびりと陽の光や外の空気に触れることも大事です。

今年は、資格を取ったままになっていた日本茶や漢方をもう一度おさらいして、さらに深く学んでみようと思っています。
また、昨年から始まったシーズンディスプレイも、うず巻が休みの月に担当するので、なんだかんだ目まぐるしくなりそうな気配です。

いろいろと騒がしい世の中ですが、気持ちも新たに、爽やかな気分で、2022年をスタートしましょう!

前の記事

大寒

次の記事

雨水