小満

先週の金曜日(5月21日)から小満にはいりました。
小満とは、万物が成長して、草木枝葉が豊かに繁り、満ちてきた様を言います。

今は、ハウス栽培や物流などの発達により、旬の物が、その時期だけにしか手に入らないと言うことはありません。特に野菜などは、通年野菜が多く、有難いことですが、それが当たり前になり、感謝の気持ちを忘れてしまわないよう、気をつけたいですね。

先日、カットされた熊本産の初物✳︎1の甘い西瓜を食べました。
西瓜は真夏のイメージが強いですが、すでに5月から出荷が始まっているのですね。
初物を食べると75日寿命が延びると言われていますので、初物を見つけたら、新しく巡ってきた季節を感じながら頂きましょう。初物で、75日寿命が延びるのでしたら、初物ばかり食べていればすごく長生きできそうですね。

✳︎1: 「初物」は、その季節にはじめて収穫され、市場に出始めた食物(農作物・魚介類など)のことで、「はしり」とも言われます。また、「旬」とは、それらが最もおいしく食べられる時期のことを言います。

前の記事

立夏

次の記事

芒種